Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
blogランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Facebook Page
Mobile
qrcode
Links
Others
<< 道路横断、ご注意ください | main | 電車 >>

タカの目

JUGEMテーマ:イタリア

いよいよセリエA開幕。
期待せずに見守っていますが、
今年は審判が「鷹の目」という名前の録画機能付きビデオカメラ搭載腕時計を装着するそうです。
イギリスで開発され、SONYが買った技術だそうですが、
ゴールライン上の内なのか外なのか、という場面などで活躍してくれる予定!
審判がユーヴェびいきしないことだけには、期待しています。

今日はマケドニア-ギリシャ国境に大挙した、おもにシリア難民とマケドニア警察との衝突があり、イタリアはリビアを出発した船、ゴムボートから3000人を救助した、と何だか得意げな言い方に思える報道があり、
ちょっとムカっとしています・・・。
シリア、イラク、アフガニスタンなどからの難民も、お父さんが小さい子どもを抱っこして、アピールというか、警官に押し付けるように突き出している姿が、子供利用するのは分かるけど、もうちょっと大事に扱いなさいよ、と思うような光景もありました。
今、ギリシャ国境に3000人がいて、毎日限られた人数だけ、入国を許可しています。たぶん、セルビア行きの電車に乗り切れる人数だけ、という勘定なのでしょう。
小さな子供のいる家族を優先させているそうですが、親とはぐれてしまった子供もいるようで、大混乱の様相。難民たちは、セルビアから今度はハンガリーを経由してオーストリアを目指すのですが、ハンガリーは国境を封鎖、バリケードを建設中ですので、それが完成する前にどうしてもハンガリーに入りたい、と急いでいるのです。

セルビア国内ではどうなってるのかな、ちょっと気がかり。イスラム教徒、基本的に少ないですからね・・・。
すぐにボスニアに送ってしまうのかな、とか思ったり。

うちのお店に小銭をねだりにきたイラク人。若い男の子ですが、気の毒そうな顔をしたら、つけこまれ、なぜかハグされ、お尻なでなでされました。
ほんと、イスラムの男は、外国人の女性とみると、触る触る・・・。モロッコを旅行した時、そうでした。あのさー、歩いていて、すれ違いざまに触ってくるって、どういうこと??? って。

お店に来たUAEからの観光客の女の子に、「そのイラク人、引き取ってくれない?」と言ってみたのですが、「結婚してるので」と断られてしまいました。中東内、イスラム教の国の中で何とかできない?と言ってみたのですけどね。
日本も、シリア難民を受け入れるように、って言われてるけど、どうなのかな。

郵便配達のコスタリカのお兄ちゃんに、そんな話をしていて、
コスタリカからイタリアまで船でどのくらいかかるの?と冗談で聞いたら、
いや・・・俺ら船で来てないし・・・と大爆笑。
南米移民は、イタリア人より頑張ってる、というか、配達人としては、本当にとても優秀で、
言葉の問題もないだろうし、イタリアにもすぐ溶け込めるんでしょうね。。。いいな、ちょっとうらやましい。

などなど
ここ数日、歴史の教科書に出てきた「民族大移動」という言葉を思わずにはいられない状況です。



 
| ひとりごと | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.lazacca.com/trackback/729

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>