Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
blogランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
Facebook Page
Mobile
qrcode
Links
Others
<< FBメッセージ | main | 日本人コミュニティ? >>

イタリア人のここがキライ

JUGEMテーマ:イタリア

ミラノ中央駅でびっくりされた方もいらっしゃるかもしれません。
収容しきれない移民が突如、送られてきました。
受け入れ先も準備できておらず、駅の中2階に”隔離”されていたようです。

知らん顔のビジネスマン、嫌な目つきで見る人、楽しい旅行で満面笑顔の外国人・・・
と対比する画像がTVで流れていました。

FBで友人がその友達の投稿をシェアしていました。
駅にこんな形で「閉じ込める」なんて、イタリア人でいることが恥ずかしい、と。
そして翌日、中央駅に届けられた善意の食べものの山に「満足」と。

こういう人、大嫌いです。
自分は何した? って。
そして、善意の品を届けた人たちをエライというけれど、
(えらい、ですけどね)
じゃぁ道端で、電車の中で物乞いをする人たちに何かしたことある?って。

明日のことを考えられない人たち。
アジアの国では移民に放水していたけれど、
イタリアでは救助に向かう。
そして、収容所がない、と。

受け入れ態勢もできていないのに、いきなりミラノに移送。
マラリアの心配まで持ち上がりました。

人命が何より大切な国だから、人質解放にお金を払うのだそうですが、
そのお金がテロに使われ、テロリストと一番近いところにいるのがイタリアですから。

観光地には送るな、とか、伝染病の検査をしてからにしろ、とか
北側の市長、州長は大反発。

そして、ミラノとは別に、フランス国境ヴェンティミリアでの移民も話題に。
南仏ニースへつながる国境。
ニースに行ったときはホームを渡るだけで国境審査なんてなかったのですが、
今はフランス側からブロックされているらしく、
400人だかの黒人がヴェンティミリアに足止めされているようです。
正直、よく分からないのです。
TVでは、有効な切符を持っていたのに追い返された、と抗議しているのですが、
「つか、パスポートは有効なの?」。

自由・平等・博愛の国フランス、というけれど
博愛精神はどこへ行った?と揶揄するイタリア人。
フランスのこと、すごく悪く言ってるけど、
私にしてみれば、フランスが正しいよ。

リヨンに行ったとき、4人がバスからつまみ出されました。
パスポートのない人すらいたのですから当然じゃないですか。
そのときはイタリア人って本当いいかげんだな、と思っていたのですが、
実は「あわよくば」くらいに思っていたフシもあるのかも?
切符は買ってくれるわけだし、うまくフランスに入ってくれれば、
難民手当も支給しないで済むし、移民も減る。
ほんとに、後先考えない人たち。

私はアフリカ人は苦手です。
めっちゃくちゃ陽気なんですよ。
ちゃお〜♥とか笑顔で物乞いにやってくる。
こっちがムスっとしてても、明るく陽気に話しかけてくる。
最後まで無視しても、笑って出て行く。
苦手なんです、そういうのが。
大昔、フィレンツェでスリに遭いそうになったことがありました。
黒人さんです。バッグに手をかけていたのに気付いた途端、
周りにいた黒人みんながおぉおぉおおお!と、大歓声。
盗む、ってのも嫌だけど、
日本と中国の違いも分からないから、
絶対チャイニーズと言われるし。
私もソマリア人なのか、ナイジェリア人なのか、さっぱりわかりませんけどね。
エチオピア人はなんとなく、体つきが違う感じがしたり、
セネガル人も多少分かったりしますが、
あとはさっぱり。
あぁ、あとフランス語話せるっていうのが、ちょっとうらやましいというか、
悔しい!って思っちゃう。

ま、いいんですけど。
私が心配なのは移民政策が変更になると、自分にも影響が出てくるかも、というところです。






 
| ひとりごと | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
url: http://blog.lazacca.com/trackback/719

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>